夫にできること(1)

身近な病気であることを知る

身近な病気であることを知る

乳がんは、女性にできるがんの中で最も多く、生涯のうちに乳がんにかかる日本人女性は今や20人に1人といわれています。今後はさらにその数は増えることが予想されています。また、現在は40-50代に最もかかりやすいがんですが、さらに若い世代での罹患者数が増えていくことが懸念されています。「がんは高齢者の病気」「将来的には怖いけど、自分にはまだ関係ないこと」ではなく、乳がんはとても身近な病気なのです。

しかし、乳がんはがんの中でも比較的性質の優しいがんのひとつなので、早期発見して、適切な治療をすれば90%以上治すことができます。早期発見するためには、自己触診が大切です。ご夫婦で関心をもって定期的(月1回)に自己触診の機会を持つことは、早期発見の第一歩です。ただ、自己触診だけでは見つけることが難しいという現状もありますので、2年に1度はマンモグラフィと専門の医師による診察を受けることが何よりも、大切ないのちを守ることにつながるのです。

体験談募集

このサイトでは、乳がん患者さんのパートナーの体験談を募集しています。
この記事の質問内容に即したご自身の体験を語っていただける方は、是非以下の入力フォームよりご投稿ください。ご投稿いただいた情報は事務局で確認の上、このページで反映させていただきます。但し、内容によっては掲載できない場合もありますことをご了承ください。


年齢とご職業を最初にご記入いただけると助かります。
*は入力必須項目 :