夫にできること(3)

乳がんは手術が終わってからがスタート

乳がんは手術が終わってからがスタート

がんでは、最終的な診断後、もしくは手術後、再発・転移なく5年が経過すると、生存率が平坦化するため、5年間無事に過ごすことがひとつの治療目標といわれています。しかし、乳がんの場合は、性質が比較的優しく進行が緩やかであるという特徴から、5年過ぎても再発するケースがあるために、10年間無事に過ごすことが目標とされています。そのため、「手術でがんを取り除いたのだから治った」と考えがちですが、手術をしてからが、長い闘病生活になるといっても過言ではありません。特に、まだ目に見えないがん細胞が全身に存在する可能性のある方は、再発・転移予防のために、化学療法・ホルモン療法・放射線療法といった術後補助療法を行うことになります。個人差はありますが、これらの治療には副作用があり、長期間続けることが難しい方もいらっしゃいますが、治療を続けることで再発・転移する確率は飛躍的に低下しますので、できるだけ続けることが望まれます。励ますつもりだとしても、「手術が終わって成功したのだから、いつまでも病人でいるな」なんて言葉はかけないでくださいね。夫婦で長期戦の心構えで、がんと向き合ってください。

体験談募集

このサイトでは、乳がん患者さんのパートナーの体験談を募集しています。
この記事の質問内容に即したご自身の体験を語っていただける方は、是非以下の入力フォームよりご投稿ください。ご投稿いただいた情報は事務局で確認の上、このページで反映させていただきます。但し、内容によっては掲載できない場合もありますことをご了承ください。


年齢とご職業を最初にご記入いただけると助かります。
*は入力必須項目 :